プロフィール


~えんどれすどりーむ~

信州 かたぎり花卉園

長野県上伊那郡の南部、西に中央アルプス南駒ケ岳を仰ぎ、東には仙丈岳を中心に南アルプス連山を遠望する信州伊那谷の小さな町、「二つのアルプスが見える町 飯島町」にあります。

 中央アルプスから流れ出る与田切川、中田切川などの清流が流れ水資源は豊富。町のキャッチフレーズ『花ときのこと果物の里』に相応しい風景が広がっています。

35年ほど前、果樹栽培から花き栽培へと切り替え、リンドウを育て始めました。

『自分が一生の間にどれくらいの種類の花々を見ることが出来るか?』と考えて生産・出荷してきました。花市場へ出荷した品種も1,000品種を超え、今では何種類になったのか・・・

国内外の花の種を年間で1,000種類以上、播種した年もありました。

30年ほど前に千葉県の三宅花卉園様、小森谷ナーセリー様のハウスを訪れ、『アルストロメリア』と出会い、いち早く栽培(その時代はJA上伊那に属す)したことで、上伊那地域は、アルストロメリアの産地として時代ともに確立し、秋から春の出荷というサイクルで栽培するようになりました。

 現在ではアルストロメリアを中心に、葉物や実物などを生産、販売しております。 誕生日、お中元、お歳暮、イベント、アレンジ教室etc...

 

真心を込めてお送りいたします。

地図

What's New